2010年のニュースアーカイブ(57件)(3/3 ページ)

0.136u1出た

無事帰って来ました。というわけで、0.136u1用の差分ソースが16日頃にリリースされていたようです。What's New日本語訳は以下の通り。今回よりC++への移行とSDLMAMEの統合ということで最近の中ではかなり大きな変更と言えます。64-bitも同じ条件でコンパイルできるので、純粋な速度比較が出来そうです。

一週間サボります

13日より20日ごろまで修行に出るため(笑)更新をお休みします。u1のリリースが来そうですが、更新は(多分)遅れるのでよろしくお願いします。

cheat 0.136版リリース

Pugsyさんのページで、チートコレクション最新版がリリースされました。Pugsy's Cheats

統合 その2

u1での統合について、続いてHazeがポスト。技術的なことよりも、MAMEとMESSを絡めたデータベースや資料としての重要性、及び利便性について力説されております。ふーん。

Unification pt.2

統合

RBさんページに、u1で実装予定の大幅な変更点について触れられています:

MAME 0.136u1では、大幅な変更が行われる予定です:

  • Windows版用に、MingGW32とMinGW64のツールチェーンベースの新しいGCC 4.4.xを使用(ベースラインとSDLMAME Windows版をターゲットに含む)。64-bit Windows版のビルドにVisual Studioは不要になります。また、64-bit Windows VistaとWindows 7ユーザはかなりのスピードアップが期待できます。
  • MAMEの言語をCからC++に切り替え、C++の機能を使用。MAMEは長い間オブジェクト指向的な開発をしてきましたが、C言語では限界に達していました。C++では多くのコンセプトがより簡潔で直感的になります。
  • SDLMAMEは通常のMAMEソースコードの一部になります。今後こちらで単体のSDLMAMEのリリースを行う予定はありません。ただし、SDLのコンポーネントは私とCouriersud氏で管理します。

この結果、SDLMAMEのマイナーな機能である"scale2x"グラフィックフィルタが使えなくなりました。この機能はサポートもいまいちで、完全に動作していたとも言えなかったので、いずれ廃止される予定でした。その一方でSDLMAMEは、64-bit Windowsと64-bit Mac OS X(Snow LeopardとIntel Mac、SDL 1.2.14が必要)の2つの新プラットフォームをサポートすることになります。

Unification

HNG64 WIP

Andrewさんページに、ハイパーネオジオ64の3D表示について進捗状況が出ています。まだ不完全なものの、侍魂をはじめ、全てのHNG64タイトルで3D表示が追加され、sams64_2は完全にプレイ可能な状態とのことです。

AJG's Mameography

Haze氏WIP

Haze氏ページにVSネットサッカーのWIPショットが出ています。

Olivier氏が一段目のプロテクトチェックをパスさせることに成功。データROMを入れ替えたところ画面が少し表示された。ROMの名称は間違っている模様。また、スプライトROMも間違いなく小さすぎと見られる。スプライトROMにはプレイヤーのグラフィックと頭部分しか含まれていないが、ゲーム内では他にも多く使用されている。

Me And You Versus The World

Luca Elia氏WIP

Luca氏ページに鋳薔薇のスクリーンショットが多数出ています。注意事項として、動作速度がAthlon 64 3000で最大でも5%、サウンドチップが未エミュレートで吸い出しもされていないので音が出ないこと、SH-3チップはSH-4をハックしたテスト版であること、ドライバは最低でも2016年以前にリリースするつもりはないことなどが記載されています。私も怖いのでこのくらいで…。

Ibara

謹賀新年でMAME 0.136出た

新年おめでとうございます。早速MAME 0.136がリリースされました。What's New-Jは次の通り。