MAME 0.263出た

オフィシャルMAME 0.263がリリースされています。UIのキー変更は地味にアレかも。デフォルトのポーズキーが P から F5 に、シングルステップが SHIFT+F5 に、ステート保存が F6、ステートロードが F7 です。気づいたらキー割り当て解除も、項目にフォーカスして Delete キーになってました。

MAME 0.263の準備はできてます?今回のリリースでは、皆さんに影響があるような大きな変更がいくつかあります。まずは、デフォルトのUI操作の割り当ての変更で、一時停止、ステートセーブ・ロードなども含まれます。これにより、コンピュータをエミュレートしている人たちがより生きやすい世界になればいいなと思います。アップデートした後は、UIの割り当てをご確認の上、必要に応じて変更を行ってください。

今月は、大昔からあったバグが修正されています。巨大ハードディスクイメージ(数十ギガ)の問題の解消や、これまでchdmanが無効なオプション指定時に、無効なファイルを出力せず、その旨を報告するようになっています。他には、マルチコアのARMシステムで、ディスクリートサウンド回路シミュレーションを使用するシステムをエミュレートする際のクラッシュやハングなどが直っています。

最近行われたK052591チップのリバースエンジニアリングにより、「ヘクシオン」「S.P.Y」「サンダークロス」のプロテクトシミュレーションが改善されました。他に、旧ユーゴスラビア製のコンピュータ数種類、Tiger氏LCDゲーム2本、チェスコンピュータが追加されています。未発売なDeluxe Color ComputerのROMが吸い出され、エミュレーションが完成しています。さらに、Apple IIのソフトウェアリストが大幅更新もされています。

いつものように whatsnew.txt ファイルで今リリースの変更内容を全て確認できます。また、ダウンロードページでソースコードと 64ビット Windows バイナリパッケージを入手できます。

前の記事
次の記事

新規コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です