Model2 Emu 0.8a出た

ElSemi氏から新バージョンと修正版がリリースされました。

v0.8a

  • ガンゲームのトリガボタンが効かなかったのを修正
  • デザートタンクでテストモードから抜け出せないのを修正
  • Model2オリジナル版のゲームでのメインCPUとサウンドCPUの同期を改良

v0.8

  • MultiPCMサウンドチップエミュレーションを書き直し。Model2オリジナル版ゲームの音修正
  • ディスプレイリストパーサで、eyeパラメータがunsignedで読み込まれるのを修正。デイトナ4人プレイやセガラリーの2人プレイでのアトラクトモードのジオメトリ修正。
  • sgt24hとoverrevでのネットワークボードの検出を修正。ネットワークを有効にしなくても起動できます。
  • daytonaのハンドル入力領域を実機と同じ制限値に調整(サービスマニュアルより)。ハンドル操作が前より正確になったはず。
  • 車ゲームにフォースフィードバック追加。.iniファイルでEnableFF=1と設定すると有効になります。またこのセクション内でフィードバックのパラメータ調整も可能です。一部のゲームではサービスモードで筐体タイプをデラックスにしたときだけ有効になります。
  • XInputをサポート。.iniファイルのInputの項目で有効にします。XInputにより、XBOX360互換コントローラで直接振動機能にアクセスできます(DirectInputでは振動しません)。XBOX360コントローラで有効になるのは振動だけで、フォースフィードバックは動作しないので注意してください。
  • 透過表示に実機と同じくメッシュポリゴンを選択可能。iniファイルで、MeshTransparency=1を設定します。ピクセルシェーダ3をサポートするビデオカードが必要です。
  • HOTDのROMロードでタイルマップが正しく読み込まれないのを修正(操作説明、ゲームオーバー画面)。
  • セーブステートの予備的サポート。サウンドエンジンのステートはまだセーブされません。

Nebula's Home Page

前の記事
次の記事