Model 2 Emulator 0.7出た

ElSemi氏よりModel2エミュの更新版がリリースされました。What's Newは以下の通り:

  • メインボードのデータテーブルを使って、TGPエミュレーションをより正確にエミュレート。ゲームのzip内か、model2.zipという名前でこれらのテーブルROMが必要です。Daytona基板を寄付してくれたPaebo氏に感謝。これによって動作の解析に役立ちました。デイトナUSAのバグ(リバース表示と見えない壁)と、セガラリー(オートマの問題)のバグはほとんど修正されました。
  • カラーテーブルデコーディングの改良で、一部の色が明るくなりました。
  • SCSPタイミングの改良。より正確になり、BGMがずれることはなくなったはずです。おまけ機能としてデバッグ用サウンドプレーヤーをそのまま残してあるので、SSF(サターンサウンドフォーマット)ファイルを再生できます。使い方は、SCSPを使うゲーム(モデル2A、B、C)をロードしてテストモードに入り、左CTRL+F5を押してSSFを選びます。
  • クリッピングを改良。バーテックス/ピクセルシェーダに移行したので、ATI系と最近のnVidia系カードで起きていたクリッピングは一掃しました。SoftwareVertexProcessingは0に設定してください。ピクセルシェーダ1.1とバーテックスシェーダ1.1に対応したカードが必要です。シェーダのバージョンとしては一番古いので、どのビデオカードでも動くはずです。この変更による影響として、geometrizerのみを使うようになったため、iniファイルのGeometrizer設定は使われません。
  • テクスチャシートの最低ラインで終わるテクスチャが、Direct3Dにアップロードされない問題(セガラリーの2面で背景が黒、トップスケーターの床)を修正。
  • ウェーブランナー(Model 2C)追加。
  • Direct3Dのautomimpap生成をサポート(emulator.ini内、AutoMipオプション)。
  • ネットワークエミュレーション追加(NETWORKの項を参照)

Nebula's Homepage

前の記事